WinContig

WinContig の概要や使い方を紹介しています

WinContig を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

指定したファイル / フォルダのみを素早くデフラグ「WinContig」。

WinContig
制作者 Marco D'Amato
対応 XP/Vista/7/8/10

Download

● WinContig

特定のファイル / フォルダ のみを、ピンポイントにデフラグしてくれるソフト。
ディスク全体ではなく、指定した単一(あるいは複数の)ファイル / フォルダ のみを、手早くデフラグすることができます。
ファイルやフォルダの断片化状況を分析する機能や、エラーチェックを実行する機能 等も付いています。

「WinContig」は、特定のファイル / フォルダ のみをデフラグしてくれるソフトです。
ディスク全体をデフラグするのではなく、 “ デフラグが必要と思われるファイル / フォルダ ” のみを、個別にデフラグすることができます※1
※1 断片化状況を分析する機能があるので、 “ どのファイルが断片化しているのか ” ということを、事前に確認してからデフラグ対象のファイルを指定することができる。
ちなみに、ディスク全体をデフラグすることももちろん可能。

ファイルやフォルダを単独でデフラグできるということで、ディスクに余計な負荷をかけず、かつ高速な最適化が可能となっています。
(その分、 “ 完全な最適化 ” ということにはならないが)
ちなみに、デフラグ実行前に “ チェックディスク ” や “ ディスククリーンアップ ” を実行することもできたりします。

基本的な使い方は以下の通り。

  1. 「WinContig.exe」を実行します。
  2. まず、メニューバー上の「ファイル」→「オブジェクトを追加」から、デフラグしたいファイルやフォルダを選択します。
    (ドライブを選択することも可能)
  3. ファイル / フォルダを選択すると、該当アイテムがリストに追加されます。
    デフラグ対象としたいアイテムが他にもある場合は、同じようにしてリストへの追加を行います。
    アイテムを間違えて登録してしまった場合は、該当のアイテムを選択 → ツールバー上の「削除」ボタンを押します。
  4. 追加したファイル / フォルダ のリストは、 “ プロファイル ” として保存し、後から再利用することもできるようになっています。
    リスト上のアイテムをプロファイルとして保存する場合は、メニューバー上の「プロパティ」→ 「プロファイルを保存」から、保存を行います。
  5. 次に、メニューバー上の「動作」から「分析」を選択。
  6. 登録したファイル / フォルダ群 の断片化状況分析処理が実行されるので、しばらく待ちます※2
    ※2 この作業を飛ばして、いきなり「動作」→「デフラグ」してもよい。
    尚、ここで分析された結果は、テキストファイルに出力することも可能。

    分析が終了し、「断片化されたファイル数」が “ 0 ” であった場合、操作はこれで終了。
    断片化しているファイルがあった場合は、そのまま下部の「デフラグ」ボタンをクリックします※3
    ※3 もしくは、「断片化されたファイル一覧」上でデフラグ対象としたいファイルにチェック → 「デフラグ」ボタンの右にある ▼ をクリック →「選択されたファイルのみデフラグ」を選択。
  7. すると、
      チェックディスクエラー
    というダイアログが表示されるので、「チェックディスク」をクリックします※4
    ※4 エラーチェック(チェックディスク / スキャンディスク)を行わない場合は、「チェックディスクをスキップ」を選択。
    デフラグごとにいちいちエラーチェックを行いたくない場合は、あらかじめ「オプション」→ 「ボリュームエラーチェック」→「無効」にチェックを入れておく。
  8. 続いて、
      ディスククリーンアップ
    というダイアログが表示されます。
    デフラグ実行前に一時ファイルの削除を行う場合は、ここで「クリーンアップを開始」ボタンを押します。
    クリーンアップを行わない場合は、「ディスククリーンアップをスキップ」をクリック。
  9. デフラグが開始されます。
  10. しばらく待ち、「デフラグ処理は完了しました」というダイアログが表示されたら、作業は全て終了です。

そのほか、デフラグ終了後に、自動でPC や「WinContig」を終了させる機能などが付いています。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
WinContig TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 MPC-BE

高機能なマルチメディアプレイヤー

 CCCP

定番のコーデックパック

 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 SpeedyFox

Firefox / Chrome / Thunderbird / Skype を高速化

 Photo Viewer Background Changer

Windows フォトビューア / Windows Live フォトギャラリー の背景色を変更できるようにするソフト

 FolderFileList

指定したディレクトリ内にあるファイルの一覧を、様々なフォーマットで作成できるようにするソフト

 Borderless Gaming

ゲーム等のウインドウを、“ ウインドウ枠なし&フルスクリーン表示化 ” できるようにする

 Yet another flagsChrome

現在開いているサイトのサーバーが、どこの国に存在するのか一目で確認できるようにする

 Gmail - Add Row Highlights

Gmail 上で、マウスカーソルの下にある行が、ハイライトして表示されるようにする Firefox アドオン

 AnimaPaper

各種動画ファイルを、“ 動く壁紙 ” としてデスクトップの背景に設定できるようにする

 おすすめフリーソフト
 Font Loader

フォントを “ インストールなし ” で試用できるようにするソフト

 MultiWS

スムーズな操作感と、高い柔軟性を備えた仮想デスクトップマネージャー

 Win Updates Disabler

Windows Updates の有効化 / 無効化 を、手軽に切り替えられるようにする

 Autorun Organizer

Windows のスタートアップを、最適化することができるソフト

スポンサードリンク

WinContig を紹介しているページです