Movica

Movica の概要や使い方を紹介しています

Movica を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

WMV、MPEG(MPEG1 / 2)、FLV、RM に対応した動画編集ソフト「Movica」。

Movica
制作者 Rajat Bhargav
対応 NT/2000/XP/Vista/7

Download (公式)
Download (ミラー : direct link )

● Movica

WMV / ASF / MPG(MPEG1 / MPEG2)/ FLV / RM に対応した動画編集ソフト。
指定した場面の切り出し / 切り捨て、複数ファイルの連結、ファイルの分割 といった機能が付いています.
保存時に再圧縮を行わないタイプのソフトで、ファイルの無劣化編集が可能となっています。
WMA / MP3 といったオーディオファイルの編集にも対応していたりします。

「Movica」は、WMV / ASF / MPG(MPEG1 / MPEG2)/ FLV / RM に特化した動画編集ソフトです。

といったツールの フロントエンド で、動画から不要な場面を切り捨てたり、複数のファイルを一つに連結
したり、一つのファイルを複数に分割したりする機能を持っています※1
※1 FLV を扱う場合、「FLV Splitter」 と 「ffdshow」 が必要。
ただし、最新の「FLV Splitter」を使う場合、レジストリの書き換えが必要になる
(レジストリの編集を行いたくない場合は、「FLV Splitter 1.0.0.5」 をインストールする)
Real Media ファイルを扱う場合は、先述の「RealProducer Basic」と 「RealMedia Splitter」、
そして 「Real Alternative」 のインストールが必要になる。

最大の特徴は、編集したファイルを再エンコードすることなく、そのままのフォーマットで出力できるところ。
そのため、品質劣化が発生しない&高速な処理 が可能となっています。
海外のソフトですが、日本語インターフェイスで使用することができます※2
※2 メインウインドウで「Advanced」タブを開き、下部の「Language」欄で「Japanese」を選択する。

基本的な使い方は以下の通り※3
※3 ファイル名に日本語が含まれているものは、正常に処理できない場合がある。
日本語ファイル名のものは、面倒でも半角英数の名前にリネームしておいた方が確実。

    動画をカット、またはトリミング
  1. 「Movica.exe」を実行します。
    ( OS が Vista / 7 の場合、管理者として実行する必要があるかも?)
  2. メニューバー上の「ファイル」→「メディアファイルを開く」から、編集したいファイルを選択※4
    ※4 FLV を読み込んだ場合、
    「再生しようとしているファイルの拡張子 (.flv) がファイル形式と一致しません。」
    ファイルが見つかりません。ライブラリ内にある項目を再生、書き込み、または ~
    「この動画のキーフレームに関する情報がないため、編集を行えません。修復を ~ 」
    等のダイアログが表示されるが、そのまま「はい」や「OK」をクリックしてOK。
    (その後、プレイヤー左下の 再生 ボタンを押すことで、ファイルが普通に読み込まれる)
  3. 読み込んだ動画が自動的に再生されるので、下部の再生コントロール上にある 一時停止 ボタンを
    クリックします。
  4. シークバーや、再生 / 一時停止 / 早送り / 巻き戻し ボタンなどを使い、カットしたい場面の
    先頭位置を探します。
    (シークバー内の □ が見えなくなってしまった場合、 再生 ボタンを押すと再表示されます)
    先頭位置を決定したら、画面下部の ← ボタンをクリックします。
  5. 同様に、カットしたい場面の末尾を探し、 → ボタンをクリック。
  6. カットする場面の先頭位置&末尾 を決めると、画面右側にある「動画の切り出しリスト」欄に、
    (カットするシーンの)始点と末尾の再生時間が登録されます※5
    ※5 このリスト上で任意のシーンを選択すると、画面下部にもう一つのシークバーが
    表示される。
    このシークバーの両端にある ← → ボタンをクリックすることで、始点 / 末尾 をさらに
    微調整することができる。
    (シークバーの左にある ← → ボタンで始点を、右にある ← → ボタンで末尾を調整する)
  7. カットしたい場面が他にもある場合は、同じようにして範囲選択を行っていきます※6
    ※6 「カットする場面」として指定したシーンは、最終的に全て結合して出力される。
    (それぞれを、個別に切り出すことも可能)
    逆に、「カットする場面」として指定したシーンを、動画内から一括削除することもできる。

    ちなみに、切り出しリスト上で任意のもの右クリック →「削除」を選択すると、該当の範囲設定を
    破棄することもできたりします。
  8. カットしたい場面を指定し終えたら、「動画の切り出しリスト」欄内にある 再生 ボタンをクリックし、
    切り出す部分をプレビュー再生してみます※7
    ※7 「切り出しリスト」に登録した場面を動画から削除する場合は、再生 ボタンをクリック。
    (切り出す場面「以外」を再生することができる)
  9. 納得いく仕上がりになっていたら、メニューバー上の「ファイル」から「切り出し範囲を連結保存」、
    あるいは「切り出し範囲以外を保存」を選択し、編集したファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を指定します※8
    ※8 範囲選択した場面を結合して抜き出す場合は「切り出し範囲を連結保存」を選択し、
    範囲選択した場面をまとめて削除する場合は「切り出し範囲以外を保存」を選択する。

    範囲選択した場面を個別に保存したい場合、「ファイル」→「選択ファイルを個別に保存する」を
    選択し、ファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を指定します。
    (指定したファイル名 + 連番 で出力される)
  10. 自動的に、画面が「ログウインドウ」に切り替わります。
    ツールバー上のフォームに、青文字で「成功!」表示されたら作業完了です。
    複数の動画を、一つに結合
  1. メイン画面上部にある「動画の結合」タブをクリックします。
  2. ツールバー上にある 結合する動画を追加する ボタンをクリックし、結合したいファイルを読み込みます※9
    複数選択可
    ※9 連番のファイルは、関連するものが自動で読み込まれるようになっている。
    この機能をOFF にしたい場合は、右上の「パーツを自動検出する」のチェックを外しておく。
  3. 結合する分だけ、ファイルを読み込んでいきます。
    ファイルを間違えて追加してしまった場合は、リスト上で該当のものを選択 → ツールバー上の
    リストから削除する ボタンをクリックします。
  4. ファイルの結合順を調整したい場合は、目的とするファイルを選択 → ツールバー上の ↑ ↓
    ボタンをクリックし、順番を入れ替えます。
  5. あとは、ツールバー上の 保存 をクリックし、結合したファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を
    指定すればOK。
尚、結合する動画は、音声ビットレートや圧縮設定がそれぞれ一致している必要があります。
(シリーズものの動画を、一つに連結したい時などに使う)
また、結合できたようでも、実際には結合できていないケースもあるので注意。

    動画を分割
  1. メニューバー上の「ファイル」→「メディアファイルを開く」から、分割したいファイルを選択します。
  2. 読み込んだ動画が再生されるので、停止ボタンを押して再生を止めます。
  3. 画面上部にある「動画の分割」タブをクリック。
  4. 分割方法を、以下の 3 つの中から選択します。
    • 再生時間※10 を指定して分割
      指定した再生時間で、ファイルを分割します。
    • 分割ファイル数
      ファイルを、指定した数に分割します。
    • ファイルサイズ※10 を指定して分割
      ファイルを、指定したサイズごとに分割します。
    ※10 あくまでも、目安。
  5. 「分割ファイルの名前」欄で、出力するファイルの名前を指定します※11
    ※11 ここで指定したファイル名に、「-1」「-2」等の分割数が追加される。
    例)「test_part-1.wmv」
  6. 最後に、「動画を分割する」ボタンをクリックすればOK。

    「RealMedia Splitter」のインストール方法
  1. まず、「RealMedia Splitter」 をダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを 解凍 し、出てきた「RealMediaSplitter.ax」をシステムフォルダ内に
    コピー※12
    ※12 NT / 2000 →「C:¥Winnt¥System32」 | XP / Vista / 7 →「C:¥WINDOWS¥system32」
  3. “「Win」+「R」” を押し、「ファイル名を指定して実行」を呼び出します。
  4. 「regsvr32 RealMediaSplitter.ax」と入力して「OK」ボタンを押します※13
    ※13 OS がVista / 7 の場合、これ をダウンロードし、管理者として実行して下さい。
  5. 「RealMediaSplitter.ax の DllRegisterServer は成功しました。」というダイアログが
    表示されればインストール完了。
  6. 「RealMedia Splitter」をアンインストールする時は、「ファイル名を指定して実行」に
    「regsvr32 -u RealMediaSplitter.ax」と入力して「OK」ボタンを押します※14
    ※14 OS がVista / 7 の場合、これ をダウンロードし、管理者として実行して下さい。
    その後、システムフォルダ内の「RealMediaSplitter.ax」を削除すればOK。

    最新の「FLV Splitter」を「Movica」に認識させる方法
  1. 「Movica」は、最新の「FLV Splitter」を認識してくれません。
    しかし、わざわざ古いバージョンの「FLV Splitter」は使いたくない という場合もあると思います。
    そこで、最新の「FLV Splitter」を「Movica」に認識させる方法を以下に紹介します。
  2. 最新の「FLV Splitter」をインストールします。
  3. InstalledCodec」 をダウンロード&解凍します。
  4. 「InstalledCodec.exe」を実行します。
  5. インストール済みのDirectShow Filter がリスト表示されます。
    この中から「MPC - FLV Splitter (Gabest) 」を探し、右クリック →「Open In RegEdit」を選択
  6. レジストリエディタで、「MPC - FLV Splitter (Gabest) 」の場所が表示されます。
    そのまま、右ペイン上にある「FriendlyName」をダブルクリック
  7. 「文字列の編集」という画面が表示されます。
    ここで、「値のデータ」を「FLV Splitter」に書き換えます
  8. 「InstalledCodec」の画面に戻ります。
    リスト上で「MPC - FLV Source (Gabest) 」を 右クリック →「Open In RegEdit」を選択します
  9. レジストリエディタで、「MPC - FLV Source (Gabest) 」の場所が表示されます。
    そのまま、右ペイン上にある「FriendlyName」をダブルクリック
  10. 「文字列の編集」という画面が表示されます。
    ここで、「値のデータ」を「FLV Source」に書き換えます
  11. これで準備完了です。
    「InstalledCodec」を終了させます。
  12. 次回起動時から、「Movica」でFLV を扱えるようになっています。

このソフトを利用するには、「.NET Framework 2.0」 をインストールしている必要があります。
トップ音楽・動画関連ソフト動画編集 ソフト Movica TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 TeamViewer
シンプル&高機能 なリモートデスクトップツール

 AviUtl
高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 XMedia Recode
多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 Recuva
高機能なファイル復元ソフト

 COMODO Firewall
高機能なファイアウォール

 Free Hide Folder
シンプルなフォルダ隠蔽ツール

 新着フリーソフト
 DevTools Toolbar ItemsFirefox
ツールバー上に、Web 開発系のツールボタンを追加できるようにする
 About Pages List(Firefox)
“ about: ” で始まる各種ページを、ツールバー上から手軽に開けるようにする
 Renee PDF Aide
PDF を、Word / Excel / Powerpoint / EPUB / TXT / HTML / 画像 に変換
 PDFin1
複数ページのPDF を、1 つのページにまとめてくれるPDF 面付けツール
 Advanced Batch Image Converter
多彩なフォーマットに対応した画像変換ソフト
 G'MIC plug-in for GIMP
GIMP に、400 種類以上のフィルタを追加してくれるプラグイン
スポンサード リンク

Movica を紹介しているページです